大人のおもちゃ(性具)の通販専門店タイトル画像

大人のおもちゃの市場規模

大人のおもちゃ(アダルトグッズ)の通販店にとってその市場規模(マーケットサイズ)は非常に気になるところです。実際、ネット上には大人のおもちゃの市場規模についての質問が寄せられています。しかしながら、日本の市場規模に関しては具体的な数字を示した回答はなされていません。具体的な統計情報が入手できないためかも知れませんし、あるいは、そのようなデーターが存在していないのかも知れません。しかし大人のおもちゃの市場規模はかなり大きいものであることは容易に想像できます。

あるサイトによりますと、日本の大人のおもちゃの市場規模は、2007年の時点で1千億円と述べています。数年前からこれと同様のことが他のサイトでも述べられており、日本の大人のおもちゃの市場規模(マーケットサイズ)はその辺りなのでしょう。しかし、も少し新しい情報が欲しいのと同時に、その市場規模の年々の変化等も入手したいものです。通販でますます簡単に入手できるようになった大人のおもちゃですから市場規模も拡大するものと考えられます。

拡大し続ける大人のおもちゃの市場

日本では人口の減少傾向が続いているので、大人のおもちゃの市場規模も縮小していくものと考えるのが普通ですが、逆に、大人のおもちゃ(アダルトグッズ)の販売量は増えていくと予測される要素が沢山あります。そのひとつは、大人のおもちゃの普及率が今よりも向上していくと考えられる事です。二つ目はユーザーの多様性が広がる事です。

普及率が向上すると考えられる根拠は、性生活に大人のおもちゃを取り入れていく人の数が増えていくだろうと考えられることです。性のオープン化に伴い、より良いセックスを楽しみたい人達が増え続けることは容易に想像できます。

ユーザーの多様性の広がりから期待できる事は、大人のおもちゃのいろいろな種類や機能の違いにより、それらを使用する女性が感じる性的快感にも違いが出てきます。性的快感を追求する女性の本能は永遠に続きますのでいろいろな快感をいろいろな性感帯で感じたい願望が大人のおもちゃの品数を増やし続ける原因になると思えるからです。

このふたつの要素から、大人のおもちゃの市場規模は人口減少によるマイナスを補足して拡大すると考えられます。

中国「男余り」大人のおもちゃ市場1兆円

隣の国中国の大人のおもちゃ市場についてJ-CASTが週刊ポスト情報として以下のように述べています。
13億人以上の人口を抱える中国では、2020年に男性の結婚適齢期人口が女性よりも3千万人多くなると予測されているそうで、男余りの国家では「性欲処理」が深刻な問題となるという記事がある。中国の大人のおもちゃ(アダルトグッズ)の見本市「第10回中国国際成人保健及生殖健康展覧会」が、4月12日から3日間、上海市で開催されたそうである。数々のオナニーグッズも出品され、中には「TENGA」の偽物「TENCA」もある。

『中国セックス文化大革命』の著者・邱海涛氏が「中国の大人のおもちゃメーカーは3千社を超え、市場規模は今や1兆円に迫ると推測されています」という。日本人AV嬢も人気がある。『中国人の取扱説明書』の著者・中田秀太郎氏がこう話す。
<「中国ではエロサイトの閲覧が規制されていますが、『迅雷』などのフリーソフトを使って日本のAV画像を違法にダウンロードする人がほとんどです。路上でも違法DVDが闇販売されています」>

中田氏はこうも語る。
<「非合法ですが、中国にも性産業が存在します。上海だと、本番ありのデリヘルが600元(約9900円)ほどです。サウナといって、大浴場で汗を流した後、個室に案内されて女性と一戦を交える風俗店もあります。上海なら650元(約1万725円)からが相場です」>

中国の大人のおもちゃに関するREUTERSの情報

また、REUTERS(ロイター)が中国の大人のおもちゃに関して以下のように述べています。[上海 20日 ロイター] 中国でいわゆる「大人のおもちゃ(アダルトグッズ)」を見つけるのは難しくない。全土に「成人保健」という性具を販売する店があるほか、ホテルのミニバーやコンビニでも売られている。しかし、30年前には、雑誌の裏表紙にキスするカップルの写真が掲載されただけで、国民から批判の嵐が巻き起こった国だ。業界関係者によると、性に対する態度の変化は、共産党が1970年後半に始めた改革・開放政策がきっかけとなり、インターネットの登場が市場拡大の要因になったという。

性具をオンラインで販売する会社の社長Lin Degangさんは、性具の市場規模が昨年末の約100億人民元(約1300億円)から2004年には約400億人民元(約5200億円)まで拡大するとの見通しを示す。Linさんは「5年以内に性具は、日常的に利用する一般的な商品となり、おしゃれなライフスタイルに欠かせない要素となる」と語る。

上海のファミリーマートの店舗では、さまざまな種類のバイブレーターが売られており、レジ横にコンドームと並んで販売されている。価格は15─17ドル(約1200円─1400円)だ。ただ、こうした商品はインターネットで購入する消費者が多いようで、浙江省の会社員(25)は「実店舗で性具を買うのは恥ずかしくてできない。オンラインショップで注文している」と話していた。

大人のおもちゃは通販の利用が最適

18歳以上の男性および女性用の性具であるアダルトグッズ(大人のおもちゃ)は、この商品を取り巻く特性から、ある種独特の感情が沸き起こることがあるようです。これは日本人にとって長い間セックスが秘め事とされてきた経緯が有るからかも知れません。そんな大人のおもちゃ(アダルトグッズ)ですから、他人との対面が無用のネット通販を利用しての購入が最適と考えられます。

欧米では性のオープン化はかなり進行しているようで、大人のおもちゃ(アダルトグッズ)の店頭での購入にあまり躊躇しないと言うことですが、日本人に培われてきた淑やかさが、性具の購入をオープンに行う事には少々の抵抗感があるようです。このような背景から大人のおもちゃの購入方法として日本では通販が最適なものとなっているのでしょう。また、購入する際の手続きや作業の簡便さがネット通販を更に最適な方法としているようです。

大人のおもちゃ通販店の増減

大人のおもちゃ(アダルトグッズ)のネット通販店を開設する事は比較的簡単で、実店舗をオープンするのに比べると資金も少ないもので済みます。また、アフィリエイトとしても容易に利用できる事から大人のおもちゃ(アダルトグッズ)の新規通販店は増大の一途を辿っています。グーグル情報で新規開設店が毎日のように紹介されており、ウェブ通販店の数は増大一途のようにも見えます。しかしながら、これら新規開設店の全てが成功できるとは到底考えられず、閉店しているサイトが相当数あるのも間違いありません。閉店したウェブ通販店を追跡調査するのは非常に難しいですが、新規開設店とほぼ同数のウェブ通販店が閉店に追い込まれているものとも考えられます。

ネット通販は拡大を続けると考えられます。大人のおもちゃの商品特性から、通販を利用して購入するお客様が益々増えていく事は容易に予測されます。加えて、宅配便事業者のサービスの向上もユーザーの通販の利用を勢いつかせていると考えられます。ネットの利用の便利さと宅配便業者のサービスの向上があいまってネット通販利用者の更なる拡大が期待できます。

大人のおもちゃは通販に適した商材

ネットの普及と通販の利用が簡単で便利なものになった事から、今では商品の殆どがネット上で通販されています。そんな中でも、大人のおもちゃ(アダルトグッズ)はネット通信販売の最適商材の一つと言えます。大人のおもちゃの持っている特性がこの商品を通信販売最適品にしているものと考えられます。

大人のおもちゃを実際に購入する時には、言い知れぬ後ろめたさや気恥ずかしさが沸いて来るものです。このようなことから、購入する時に、人との対面を避けたい感情が自然と沸き起こってきます。このような商品であるが故に、通販を利用しての購入に走らせるのだと考えられます。日本では長い間、性の話は内緒にしておくべき秘事と認識されてきた事に起因しているのかも知れません。次第に性事がオープンになりつつあるようです。しかし、日本人のどこかに性に関して気恥ずかしさや後ろめたさが残っており、これが主な要因となって大人のおもちゃが通販最適品の一つになっていると思えます。

inserted by FC2 system