大人のおもちゃ(性具)の通販店

廃棄処分の方法-大人のおもちゃ(性具)の通販店

大人のおもちゃは男性にも女性にも至高の気持ちよさと快感を手助けし、性的満足感をもたらしてくれる優れた商品ですが、大人のおもちゃを購入する際にも、所持していることにも、常に心配が付きまとい悩まされます。また、大人のおもちゃが壊れたり、使わなくなった時には廃棄処分をしなければなりませんが、廃棄処分がまた厄介なことなのです。

性に関連する事柄は全て他人には知られたくない秘め事になっており、性に関することを他人に知られた時には常に恥ずかしさが込み上げます。持っていることが人に知られると恥ずかしさを感じる大人のおもちゃですから、廃棄処分をする時にも人にバレない事が肝心です。性に関連した事を他人に知られることが何故恥ずかしく思うものでしょうか。

このように性に関する事で恥ずかしさが沸いてくるのは人間に備わっている本能的なもので、これを人間から取り除くことはできないようです。従って、内緒で楽しんでいた大人のおもちゃ(アダルトグッズ)のバイブやディルドを廃棄処分する時は、近所の人には絶対にバレないように処分をしなければなりません。廃棄にも悩みが付きまとい厄介です。

どのようにすれば他人にバレずに大人のおもちゃを廃棄処分できるのでしょうか。これは大人のおもちゃが利用されるようになった大昔から引き継がれてきている大問題です。一般的には不要になった大人のおもちゃはゴミとして処分するのですが、今は分別ゴミ収集が行われており、何ゴミの日に出すのか素材毎に分別しなければならず厄介です。

大人のおもちゃをゴミとして捨てていることを近所の人には絶対にバレたくありません。バレた時の恥ずかしさが並大抵のものでないことは容易に想像できます。では絶対にバレないように廃棄処分できる良い方法はあるのでしょうか。

大人のおもちゃの廃棄を代行する通販店

廃棄処分をする時にも人の目がとても気になる大人のおもちゃです。大人のおもちゃは厄介なもので購入する時にも、所有していることにも他人の目が気にかかるものです。このような心配のあまり購入する事を諦めることもあります。

購入者がこのような厄介な心配事を持っていることは大人のおもちゃの通販店もよく理解しています。このような購入者の心配を除去すべく大人のおもちゃの通販店で開始した新しいサービスが大人のおもちゃ廃棄処分の代行です。

今ではこの廃棄処分の代行サービスは、大人のおもちゃの通販店に広がっており、購入者もこの廃棄処分代行サービスを利用すれば不要になった大人のおもちゃを処分する時の心配が不要になり、購入者にとってはとても助かるサービスです。廃棄処分を引き受ける条件はそれぞれの通販店により異なりますが、大体次のように分かれています。

1.他の通販店で購入した大人のおもちゃであっても廃棄処分を引き受けてくれる通販店があります。通販店まで廃棄処分品を送る送料は依頼者の負担となります。また指定の問い合わせフォームで事前に問い合わせが必要です。

2.有料で大人のおもちゃの廃棄処分を引き受けている通販店があります。有料の廃棄処分サービスの方法は、その通販店が有料で販売している廃棄処分用の袋、あるいは、段ボール箱を通販で購入します。この袋、あるいは、段ボール箱に廃棄処分を希望するバイブやディルドやローターなどの大人のおもちゃ類を詰めて、送料元払いで通販店から指定された宛先に送付すれば廃棄処分をしてくれます。他の通販店で購入した商品でも引き受けてくれます。

3.会員登録をしている会員のみに廃棄処分サービスを行っている通販店もあります。この場合は事前に廃棄処分を送付する了解を通販店から取り付け、指定された宛先に処分を依頼する大人のおもちゃを送料元払いで送付します。

大人のおもちゃをゴミとして出す

飽きてしまったり、古い大人のおもちゃを処分する時には、他のゴミと一緒にゴミとして出すのが手っ取り早い方法ですが、大人のおもちゃだけにゴミとして出すのにも心配がよぎるものです。近所の人に見つかってしまわないかと言う心配です。生ゴミと一緒に出した時にはカラスにほじくり出される心配もあり。生ゴミとして出すと心配が尽きません。

住んでいる自治体やマンションにより、ゴミの分別を厳しくチェックすることから中身を確認される場合もあるようです。また、家族と同居している人が、大人のおもちゃ類を家族のゴミと一緒に出す場合は、家族にバレる心配もあります。

どのような場合でも、大人のおもちゃを密かに使っている事がバレると、この上ない恥ずかしさを味わう事になります。

大人のおもちゃは何ゴミか

大人のおもちゃは種類も多く、素材も異なっています。ゴムやプラスチック、あるいは、シリコンで作られている大人のおもちゃもあります。各自治体で異なっていますが、前述の素材で出来ている大人のおもちゃは可燃ゴミ、あるいは、不燃ゴミとして出す事が出来ると思います。しかし、金属が含まれいる商品の場合は複雑なゴミ出しを強いられます。

ハサミやカッターで細かく切り刻める材質の大人のおもちゃは裁断して不燃ゴミ、あるいは、可燃ごみの収集日に他のゴミと一緒にして出せば、誰にも大人のおもちゃとは気付かれずにゴミとして収集されると思います。しかし、大人のおもちゃの原型が残存している金属部などをゴミとして出す場合は、誰かに見破られる可能性があって心配です。

大人のおもちゃを細かく砕いてゴミ出しする

バイブやディルドのように容易に男性のペニスと想像できる大人のおもちゃを、そのままゴミとして出すのは危険極まりない行為です。生ゴミと一緒に出した場合には、カラスが散らかして路上に投げ出される危険性も十分にあります。

この危険性を避けるため、大人のおもちゃの原型を留めないほどに打ち砕いてしまいたいものですが、金属部を含めて打ち砕くにはそれなりの道具が必要になります。また、打ち砕く時には、かなり大きな音が出てこちらも心配です。

大人のおもちゃの悪質な処分方法

人に大変大きな迷惑をかけることになり、全く無責任で許される方法ではありませんが、デパートやスーパーや公園のトイレの個室の中に放置する。中身が透けて見えない袋などに入れて放置しておけば忘れ物として保管されます。

その後、拾得したデパートやスーパーが中身を調べ、中身が大人のおもちゃと分かった時点でも、多分暫くは店で保管して落とし主が現れるのを待つか、警察に取得物として届けると思われます。届けられた警察では法律の規定通りに3ヶ月間は保管しなければならず大変迷惑な話です。デパートやスーパーは拾得の権利を放棄しているでしょうから、保管期間の3ヶ月が経過した後は警察が処分することになるのでしょうが、絶対に許される行為ではありません。

不要になった大人のおもちゃを分からないように梱包して、電車やバスやタクシーの中に忘れ物のように置いてくる不届き者もいると聞いたことがありますが、このような行為は、コンビニや公園のゴミ箱に捨てるよりもかなり悪質です。

inserted by FC2 system