大人のおもちゃ(性具)の通販店

市場規模と通販-大人のおもちゃ(性具)の通販店

アダルトグッズ(大人のおもちゃ)の通販店を既に運営している方、および、これからアダルトグッズの通販サイトを開設しようと考えている方にとって、アダルトグッズの市場規模がどれほど大きいのかは是非知りたいところです。

実際、アダルトグッズ(大人のおもちゃ)の市場規模についての質問がネット上に多数寄せられているのを見ても多数の方が関心を持っているテーマと思えますが、市場規模に関しては具体的な数字を示した回答はなされていません。

約10年前のデータですが、あるサイトが日本のアダルトグッズの市場規模は1千億円と述べていますが、具体的な統計情報は存在していないのかも知れません。

この市場規模と同じような数字が他のサイトでも述べられており、日本の市場規模は大体この辺りかも知れませんが、も少しこの情報の根拠となるデーターを知りたいのと同時に、その市場規模の年々の変化等も知りたいものです。

隣国中国のアダルトグッズの市場規模は1兆円

隣国中国の人口は13億人と言われ、日本の約10倍で、中国のアダルトグッズの市場規模は1兆円で、この市場規模も日本の約10倍で、人口に比例している点が興味深いものです。

中国での一人っ子政策は、男の子を望む家庭が多いのを反映してか、近い将来、成人男性の数が成人女性の数よりも3千万人も多くなると予測されており、この事は結婚出来ない男性が3千万人も創出されると言う事で大問題です。

このような男が余る状態の国が出来上がると、それらの男性の性欲処理にも重要な問題が発生することになります。

中国ではアダルトグッズ(大人のおもちゃ)の見本市が毎年開催されているようで、アダルトグッズのメーカー数も3千社を超えているようで、中国の性産業の活発さが窺えます。

REUTERS(ロイター)によると、中国でいわゆるアダルトグッズ(大人のおもちゃ)を見つけるのは難しい事ではなく、中国全土に成人保健という性具を販売する店があるほか、ホテルのミニバーやコンビニでも売られているとのことです。

コンビニでさまざまな種類のバイブレーターが売られていて、レジ横でコンドームと共に販売されているケースが多いようですが、日本と同じようにこのような性に関連する商品はネット通販を利用して購入する消費者が多いようです。

通販に適したアダルトグッズ

中国でもアダルトグッズのような性に関連する商品は通販を利用しての購入が主流のようで日本と同様な傾向です。

日本ではセックスに関するものは全て秘め事にすべきとされてきた経緯があり、性具であるアダルトグッズを購入する時には気恥ずかしさが沸き起こるもので、このことが他人との対面が無用の通販の利用を勢いづかせていると考えられます。

性のオープン化が日本よりかなり先行している欧米では、アダルトグッズの店頭での購入にあまり躊躇しないと言うことですが、日本人に培われてきた淑やかさが、性具の購入をオープンに行うことには少々の抵抗感があるようです。

このような背景から、日本ではアダルトグッズの購入方法として通販の利用が最適なものになっているのでしょう。

これに加えて、アダルトグッズを購入する際の手続きや作業の簡便さが通販を更に最適な方法としているようです。

アダルトグッズ通販店の増減

アダルトグッズの通販店を開設するのは比較的簡単で、実店舗を構えるのに比べると資金も少ないもので済みます。

また、いろいろな形態のアフィリエイトを容易に利用できる事からアダルトグッズ(大人のおもちゃ)の新規通販店ますます増え続けているようで、グーグルで新規店が毎日紹介されており、通販店の数は増大一途のようにも見えます。

しかし、新規に開設されるアダルトグッズの通販店の全てが成功できるものではなく、新規にオープンするアダルトグッズ通販店数に見合うような数のサイトが閉店しているものと考えられます。

アダルトグッズ(大人のおもちゃ)の持つ独特の商品特性の故に、通販を利用しての購入者が一段と増えていくことは容易に推測され、アダルトグッズのネット通販量はさらに増大し続けるものと考えられます。


inserted by FC2 system