大人のおもちゃ(性具)の通販店

ディルドの歴史とディルド型バイブ

バイブとディルドは女性のヴァギナに挿入して使うアダルトグッズの双璧ですが、バイブとディルドの基本的な相違点は、バイブには動きや振動する機能が備わっていますが、ディルドにはそのようなする機能が備わっていない点です。

ディルドがいつから性具として使われているのかはっきりとは分からないようですが、ディルドの原型になった張形は相当古い時代から存在していたようです。日本では、江戸時代より利用されていたと言う記録が残っているそうです。

その張形(はりがた)が進化を続けながら現在に受け継がれ、現在でもアダルトグッズとして広く愛用されています。張形(はりがた)の内部に電動モーターを内蔵し、クリトリスのような性感帯をくすぐるのに最適な振動や、膣壁を心地よく刺激する動きを備えたアダルトグッズ(大人のおもちゃ)をディルド型バイブ、または、電動こけしと言ったりします。

ディルド型バイブは女性のヴァギナ内に挿入できるように作られていて、ヴァギナ内の性感帯であるGスポットやポルチオを刺戟するのに最適です。このようなバイブは性的快感と満足を得る道具として人気の高いアダルトグッズです。

カプセル型バイブ

カプセル型と言われるバイブは、名前の通りカプセル状に小型化して作られた一般にピンクローター、または、単にローターと言われるアダルトグッズ(大人のおもちゃ)です。内部に設置された電動モーターが引き起こす振動をクリトリスや乳首などの性感帯に当てて刺激し、性的快感と満足感を享受する為に用いられる女性用のアダルトグッズです。

基本的なカプセル型バイブは女性のヴァギナ内へ挿入して使うアダルトグッズではありません。防水機能も十分には備わっていませんのでヴァギナ内へは挿入しないように注意する必要があります。ヴァギナへの挿入を望む時はバイブを使用しましょう。カプセル型バイブはおとなしい形に作られていますので抵抗感の少ないアダルトグッズです。

ディルド型バイブは通販でのお求めに最も適した商品

男性の怒張したペニスを擬した形に作られたアダルトグッズをディルド型バイブと言います。ディルドはコケシとも呼ばれ、勃起したペニスと同じ形に作られています。この形状が購入する方に恥ずかしさを覚えさせる元になっています。この恥ずかしさが最大の原因で、他人と顔を合わす必要のない通販でのお買い求めが最適な商品になっています。

ディルド型バイブはヴァギナ内に挿入して使用するアダルトグッズで、女性に強い快感を与えるGスポットやポルチオを刺戟し続けるのに最適で人気の高い商品です。女性が自分ひとりでバイブエッチをするのにも最適な商品ですので、このバイブを購入する女性が増えていますが。購入される女性に沸く恥ずかしさは尋常では無いと想像できます。

このような恥ずかしさが強く沸きあがってくるディルド型のバイブは誰にもバレる事なく通販で購入するのが最適です。バイブの通販店では商品の配達員にも段ボール箱の中身が判別できないようにして発送していますので安心です。

ディルド型バイブの動きと構造

アダルトグッズ(大人のおもちゃ)の中で女性に最も人気の高い商品の一つがディルド型バイブです。ディルド型バイブはディルドの内部に設置されているモーターの回転力を利用して、複雑な動きも表現できるように作られています。

ディルド型バイブは一定のパターン通りに動く機械的なものから、微妙で複雑な動き方をして、女性により強い性的快感を与え続けるもの等あり、バイブに備わっている機能や形状は千差万別と言えるほど多くの種類が揃っています。

このように種類の多いバイブですから、初めてバイブを購入する時はもちろんのこと、女性が一人でバイブでオナニーをする時や、男性がパートナーの女性に使用する場合でも、ディルド型バイブの動きや基本的な構造を知っておくことは大事です。使用の途中で驚く事が無いよう、通販店の商品説明をよくチェックして事前の知識を掴んでおきましょう。

スタンダードなパール付きのディルド型バイブの動き

内臓された電動モーターにより、ディルドの部分がくねり動きながら、表面に取り付けられているパール部が回転する形に作られたディルド型は、くねりを反転させるための操作用のボタンがついているものから、自動で反転するIC機能付きの商品まであり、パールが取り付けられている部分は基本的にはくねりの心棒によりパール部が動くものです。

膣圧に負けて空転することを防止する工夫をされたものも存在しています。この商品は芯棒を手で曲げて調節し、くねりの幅を大きくすることも小さくすることも自由にでき、くねりでなくて一方向に回転する構造になったものもあります。

バイブのカリと言われる部分

女性のヴァギナ内に挿入してピストン運動をさせ、ヴァギナの内壁に心地よい刺激を与えて快感を引き出すことを目的にした先端の部分です。女性のヴァギナのサイズは人によりさまざまですので、いろいろな太さの商品があります。

女性がディルド型バイブの使用した経験の長短によっても好みの商品が変化してきますので、自分に合ったディルド型バイブを選ぶことが大事です。殆どのディルド型バイブはカリ部が一番太い径になっているので、自分に合ったディルド型バイブを選ぶ事が大事ですが、カリの太さや大きさ、形状、カリと竿の段差等が注目すべきポイントになります。

パールの装着された部分

ディルド型バイブは元々女性のヴァギナの入り口やヴァギナ内を刺激するアダルトグッズ(大人のおもちゃ)として作られたものです。従って、ヴァギナの内壁をより刺激することを目的にしてパール付きのディルド型バイブが考案されましたが、パールの刺激が嫌いな方にはパールの付いていないディルド型バイブも沢山通販店に取り揃えられています。

女性がヴァギナ内のいろいろな性感帯が刺激できるように、パールが取り付けられている場所もさまざまです。ディルドの上部にパールが付いているものや中央部分についているものが存在していて、好みの商品を選択できます。

クリバイブの部分

クリトリスが敏感で、クリトリスを刺激することでより強い快感が得られる女性は、主にクリバイブの引き起こす小気味良い振動でクリトリスを刺激するのが良い方法です。クリバイブの内部にローターが付いていて、そのローターが振動を作り出す構造のものと、ローターが入ってないものがあります。刺激を伝える舌先は小気味良く振動し続けます。

振動の種類も豊富で、振動が一定のものからプログラムで制御しいろいろな振動を味わう事ができるものもあります。

ディルド型バイブの進化と動力源

通常のディルド型バイブはスィングの強弱とクリバイブの振動の強弱の二通りの操作ができます。ICを使用した多機能なディルド型バイブは、反転モードや振動モードの切り替えボタンがついているものも数多く存在しています。また、液晶がついてるものもあります。ディルド型バイブに代表されるアダルトグッズは毎日のように進化し続けています。

近い将来には更に驚くようなアダルトグッズ(大人のおもちゃ)が開発されるのは間違いありません。メーカー間の新規のアダルトグッズ(大人のおもちゃ)の開発競争は熾烈で、目新しい着眼点に基づいた、新しいテクノロジを使ったアダルトグッズが生み出されるのは間違いなく、楽しみなものです。ほぼ全ての商品の動力は電池から生まれます。

アダルトグッズのバイブは電池の力をかなり必要としていますので、他の家庭用品の電池の入れ方とは異なっています。ほとんどの商品が直列繋ぎで電池を装着するように作られています。電池を装着する時には注意が必要です。

バイブ使用時の事前準備

アダルトグッズ(大人のおもちゃ)を使用する時にはローションを用意しておきたいものです。ディルド型バイブはヴァギナに挿入して使いますので、挿入する時にはヴァギナが十分に愛液で潤っていることが重要です。潤いが足りない状態の時にバイブをヴァギナに挿入すると、女性が大きな違和感を覚えたり、痛みを覚えることがあります。

この潤い不足を補うアダルトグッズがローションです。ローションの種類は豊富で、愛液が十分でない時には、潤いを補助してくれると同時に、ローションの持っている独特のヌルヌル感から更に気持ちよい快感を楽しむこともできます。

アダルトグッズのローションを常に準備しておき、女性の潤滑を切らさない補助材に使用しましょう。また、ローションは男性の手でのオナニー時にはもちろんのこと、オナホを使用してのオナニー時にも完全に必須な商品と言えます。

inserted by FC2 system