大人のおもちゃ(性具)の通販店

SEO対策-バイブ(女性用大人のおもちゃ)の通販

ネット通販の利用者は増え続け盛況を極めています。このような背景のもと、バイブやローター等のアダルトグッズの通販サイトも多大な恩恵を受けています。特に性に関連する商品であるバイブやローターは、通販の利用が最適な購入方法であるだけに、バイブやローター等を取り扱っているアダルトグッズの通販店数も拡大の一途を辿っています。

バイブやローターが通販の最適商品になる理由は、性に関することはとにかく他人から秘匿しておきたい、他人に知られたくない、と言う気持ちを誰もが持っているからでしょう。バイブ等のアダルトグッズを購入している事を他人に知られた時に気恥ずかしさは頂点に達します。このことから、バイブを購入する時は通販を利用することになるのでしょう。

盛況なネット通販界ですが、誰もがこの盛況の恩恵を受けられる訳ではありません。ネットのユーザーは自分の購入する商品を探す時、GoogleやYahooで通販店を検索します。ユーザーは検索結果に表示されるサイトを降順にクリックして行く傾向がありますので、GoogleやYahooの検索結果で上位に表示されるサイトが絶対的に有利になります。

バイブの通販店にも同じことが言えます。ユーザーがバイブをキーワードにして検索した時に、GoogleやYahooで上位に表示されるようになると、多くのユーザーが訪問してくれるようになります。その為にはSEO対策は必須になります。

バイブの通販店が施したSEO対策がGoogleに評価され、検索結果で上位に表示されるようになった時にはGoogleが連れてきてくれるバイブを購入してくれる可能性のある顧客の数は莫大です。SEO対策は避けられない重大事です。

バイブ通販店に必須のSEO対策

バイブを筆頭とするアダルトグッズの市場規模は大きく、性のオープン化にも支えられて、更に拡大し続けていると言われています。成長する市場を背景に持つ業界ですから、バイブ等のアダルトグッズ通販店の新規開設も増え続け、競争は激化しています。これに打ち勝つためのSEO対策は益々重要になり、SEOの施策競争も熾烈になっています。

バイブやローターの通販店を探す時に、ユーザーがGoogleやYahooを利用するのは先ず間違いありません。それらのユーザーは、バイブやローターをキーワードにして検索すると考えられますので、その検索結果で訪問してくるユーザーはバイブやローターを買ってくれる可能性が非常に高いといえます。そのようなユーザーを出来るだけ多く掴むためにはキーワード検索の結果で、GoogleやYahooで上位に表示されるためのSEO対策は必須となります。

検索順位の1位から3位までに表示されるサイトがクリックされる率は約63%と言われています。例えば1万人がバイブで検索した時に6千3百人が表示順位の1位から3位のサイトを訪問するのです。このことから検索順位が如何に重要かが分かります。バイブ通販店が成功する為には、上位に表示される為のSEO対策が最重要課題になります。

バイブ通販店に重要な表示順位

上述の通り約63%のユーザーはGoogleやYahooの検索結果に表示される1位から3位のサイトを集中的に訪問します。またユーザーの約95%は1ページ目に表示されるサイトを訪問します。1ページ目に紹介されるのは10サイトのみですから、ユーザーのほとんどは検索結果に表示される1位から10位のサイトしか訪問しないのだとも言えます。

GoogleやYahooのキーワード検索の結果で11位以下に表示されるサイトが訪問される可能性は全体で約5%しかありません。このように見てみますと、検索結果の1ページ目に表示されることが如何に大事であるかが分かります。バイブの通販店として成功するためには1ページ内に表示される事が重要で、その為のSEO対策は最重要となります。

ちなみに、1ページ内でも10位に表示されるサイトのクリック率は約2.7%で、11位になると約0.5%に落ちます。

バイブ通販店のSEOの重要性

GoogleやYahooでの表示順位が、バイブ通販店として成功出来るか否かに致命的な影響力をもっていますので、表示順位を少しでも上げる努力が重要で、そのためのSEO対策には細心の注意を払って取り組まなければなりません。

しかしながら、SEO自体の本質が良く判らず、どのような対策をすれば良いのかが釈然としません。これが全てのサイト運営者の悩みの種であろうと容易に推測されます。Googleがアルゴリズムの全てを公開することは絶対にありませんので、この悩みは永遠に付いてまわる難題です。バイブ通販店にもSEO対策が永遠の悩みとして付いてきます。

ネット上にはSEOのチュートリアルサイトがたくさんあります。有力なSEOのチュートリアルサイトを見つけ出し、そこが教唆するSEO対策方法で、今運営しているバイブ通販サイトに磨きをかける事が成功への最短距離かも知れません。

バイブ通販店の表示順位とページ数の関係

ネット上のチュートリアルサイトでSEOを学び、運営しているバイブ通販サイトに活用することができますが、同一のテーマに関して、SEOのチュートリアルサイトが全く異なった意見を述べていることに直面した時には困ってしまいます。

例えば、サイトのページ数に関して、あるSEOチュートリアルサイトはページ数は多い方が上位表示に有利であると説明し、また、あるチュートリアルサイトはページ数は表示順位には全く関係ないと説明しているような事がある時です。

SEOチュートリアルサイトの意見が分かれるのは、Googleのアルゴリズムの変化によるものかも知れません。実際のバイブ通販店のページは数千ページにもなりますので、ページ数で表示順位に差が出る事は無いかも知れません。

ある主要なキーワードの検索結果で1ページだけの、いわゆるペラページがGoogleやYahooの検索結果で上位に表示されることがあります。このことから、ページ数と表示順位には関係がないのかも知れませんが、要注目事項です。

バイブ通販店のSEOと被リンク

2011年8月にGoogleのWebmasterがPageRankに関して次のように述べています。
【もはや PageRank はランキングの中核を担う要素ではない】
【PageRank に替わる実用的ですぐに使える指標をいくつかご紹介したいと思います】

PageRankがGoogleのアルゴリズムの中で重要なランキングの決定要因でしたが、今ではPageRankの重要度が低下しているのでしょう。従って、PageRankを上げる重要度も以前に比べて低下してきているのは間違いないと思えます。

しかし、PageRankはGoogleのアルゴリズムの中核をなしてき要素なので、今でもランキング決定の大きな要因であろうと考えられます。バイブの通販サイトも、このような変化を考慮しながら、SEO対策をする必要があると思われます。

Googleの表示順位を決定するアルゴリズムの中で、被リンクの果たす役割は相対的に低下していると言われていますが、まだまだ表示順位の決定要因としてPageRankは大きな役割を受け持っているのではないでしょうか。

被リンク数を増やす方法として、大小の検索エンジンへ登録する、相互リンクを行う等が考えられます。相互リンクを積極的に行っているバイブ通販店も多数見られ、それが功を奏したのか上位に表示されているサイトも存在します。

Googleの相互リンクに対する評価

Googleのリンクプログラムに関しての記述は非常に厳しいもので、被リンク数を自発的に増やす活動の全てを禁止しているように思えます。この厳しさは、Googleの表示順位を決定するアルゴリズムの中で、被リンクの果たす役割がまだまだ大きいのだと言うことの裏返しかも知れません。

リンク交換や相互リンクに関して、Googleでは下のような記述に変更し、スパム扱いとする危険性が出てきました。
【過剰なリンク交換、または相互リンクのみを目的としてパートナー ページを作成すること】

この事でバイブ通販店のSEOの方法の一つが摘み取られる事になり、被リンク数を増やすSEO対策の方法が実施できなくなりました。これに併せてパートナーページを持ち続けてきたバイブ通販店も対応を迫られる事になりそうです。

inserted by FC2 system